旬の特集
旬の特集
文書作成日:2020/08/25


 企業には突然の自然災害や伝染病など、事業の継続を脅かす事態に備えることが求められます。その対策として、BCP(事業継続計画)の策定があります。




 2020年版中小企業白書(以下、白書)(※)によると、2019年に行われた調査における中小企業のBCP策定状況は表1のとおりです。
 策定している割合は12%です。ちなみに、大企業の策定割合は29%でした。





 中小企業の策定割合が低いBCPですが、白書からBCPを策定した中小企業における効果をまとめると、表2のとおりです。
 従業員のリスクに対する意識の向上が、50%を超えました。その他、業務の優先順位の明確化や業務の定型化・マニュアル化の進展、取引先からの信頼向上など、いろいろな面で効果がでているようです。



 中小企業庁では、中小企業がBCPを策定するための支援ページ「中小企業BCP策定運用指針」を用意しています。

 BCPに取り組んだことのない企業は、こうしたページなども参考にしながら、自社の実態に即したBCPの策定に取り組んでみてはいかがでしょうか。


(※)中小企業庁「2020年版中小企業白書
 なお、BCPとは、企業が自然災害、大火災、テロ攻撃などの緊急事態に遭遇した場合において、事業資産の損害を最小限にとどめつつ、中核となる事業の継続あるいは早期復旧を可能とするために、平常時に行うべき活動や緊急時における事業継続のための方法、手段などを取り決めておく計画のことをいいます。


※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
お問合せ
税理士法人サクセス
〒306-0234
茨城県古河市上辺見2710
TEL:0280-32-9715
FAX:0280-32-8338
メールでのお問合せ

 
 【リンク】  
 ☆ NPO法人 『希望』  
 ☆ 国税庁  
 ☆ 税制調査会  
 ☆ 中小企業庁  
 ☆ 経済産業省  
 ☆ 農林水産省  
 ☆ 財務省  
 ☆ 株式会社 スリー・エル